(一社)群馬県中小企業診断士協会

変革する中小企業のナビゲーター、中小企業診断士

TEL.027-231-2249

〒371-0036 群馬県前橋市敷島町244-1 <E-mail:jsmeca10@jade.dti.ne.jp>

研究会

診断士の日・研究発表会が開催されました

11月4日が「中小企業診断士の日」として制定されたことを記念して「診断士の日・研究発表会」が開催されました。

11月11日 群馬県中小企業診断士協会の各種研究会代表者が日頃の研究成果を発表しました。

診断士の日・研究発表会のプログラム

9:30~9:40  開会の挨拶
中小企業診断士協会 福島会長

9:40~10:10  「ローカルベンチマークを活用した経営診断」  (30分)
金融ビジネス研究会 矢島治夫 小暮雅志
        金融ビジネス研究会の現状と、経営診断様式として、経済産業省の経営診断ツールである「ロー
        カルベンチマーク」を採用した経緯及び、その診断事例の発表

10:00~10:30 「診断士受験講座」  (20分) 
研修事業研究会 渡辺英男
         中小企業診断士受験講座の開催と講座内容

10:35~11:05 「中山間地域活性化を目的とした体験型ツアーの開催事例について」 (30分)
産地研究会 木村宏幸
        会計管理担当及び当日の運営スタッフとして関わった、地域活性化を趣旨とする「体験ツアー」
        についてツアーの概要と、今後同様のツアーが継続的に実施されていくための課題について、
        若干の考察内容を発表する。

11:05~11:35 「農業経営の高度化を支援する私のミッション・ビジョン」  (30分)
食農ビジネス研究会 福島久
       国民の食料確保には地域農業の持続が欠かせないという視点に立ち、農業者(個人事業者)・
       農業法人(会社組織)への経営支援のあり方や地域農業への支援のあり方について、現在、
       実施していることと、模索していることを紹介します。

11:35~11:40   閉会の挨拶
研究開発委員会 山口敏通

開会の挨拶をする福島会長
171112fukushima

金融ビジネス研究会の発表をする矢島氏と小暮氏
171112yajima171112kogure

研修事業研究会の発表をする渡辺氏
171112watanabe

産地研究会の発表をする木村氏
171112kimura

食農ビジネス研究会の発表をする福島氏
171112fukushima2

閉会の挨拶をする研究開発委員会の山口氏
171112yamaguchi

診断士の日・研究発表会が開催されました

11月4日が「中小企業診断士の日」として制定されたことを記念して「診断士の日・研究発表会」が開催されました。

11月5日 群馬県中小企業診断士協会の各種研究会代表者が日頃の研究成果を発表しました。

診断士の日・研究発表会のプログラム

9:30~9:40  開会の挨拶
中小企業診断士協会 福島会長

9:40~10:00  「産地研究会の成果発表」  (20分)
産地研究会 吉村 守
        近年の定期活動成果に基づき実施した「頑張るあなたの経営発展セミナー」の内容を中心に
        産地研究会の活動内容を紹介

10:00~10:25 「研修事業研究会の実績と今後の方針」  (25分) 
研修事業研究会 羽鳥博樹
         中小企業診断士の重要な業務である研修について、実施状況と中小企業診断士としての研修の
         特徴について紹介する。さらに、研修の今後について案内する。

10:25~10:45 「研究会チームによる農産物直売所簡易診断事例」 (20分)
食農ビジネス研究会 田中英輔
        JAの運営する2つの直売所の経営診断を研究会メンバー5人で行い、JA役員と直売所の
        店長に対して報告会を開催し、高い評価をいただきました。

10:45~11:05 「旅館経営研究会の目指すところとこれまでの実績」  (20分)
旅館経営研究会 鴻上まつよ
       「中小企業診断士」から「経営コンサルタント」への脱皮を目指し、 温泉県において宿泊業
       (旅館)支援を専門と据えたコンサル方法を 研究してきた集団の、これまでの実績を発表します。

11:05~11:35 「中小企業再生における活動基準原価計算(ABC)の導入」 (30分)
診断技術G 勅使川原敏之
        中小企業再生における活動基準原価計算導入の有効性を、事例研究により明らかにする。
        エクセルを使い簡易な原価計算システムを企業に短期間で導入して、再生企業経営者の
        意思決定や改善策がどのように抽出されるかを明らかにする。原価計算が「抜本的な事業
        再生に向けた問題解決」につながる可能性を示唆する。

11:35~11:40   閉会の挨拶
経営戦略研究所 竹中所長

開会の挨拶をする福島会長
161105fukushima

産地研究会の発表をする吉村氏
161105yoshimura

研修事業研究会の発表をする羽鳥氏
161105hatori

食農ビジネス研究会の発表をする田中氏
161105tanaka

旅館経営研究会の発表をする鴻上氏
161105kougami

診断技術Gの発表をする勅使川原氏
161105teshigawara

閉会の挨拶をする竹中所長
161105takenaka

医療福祉研究会のセミナーが開催されました

12月5日開催の医療福祉研究会では外部講師をお迎えして
セミナーを実施しました。

 日 時 12月5日(土)18時~19時30分
 講 師 上武大学看護学部 豊田修一教授
 テーマ 医療ヘルスケア分野の動向
 参加者 研究会会員7名、会員外聴講者1名

上武大学看護学部教授の豊田修一様に「医療ヘルスケア
分野の動向」についてお話しいただきました。
当日の資料抜粋を添付します。

豊田様は医療情報学をご専門にされており、当日は、
医療と介護の統計データや制度を含めた社会動向などの
マクロ環境と、実際の現場で生じている課題等のミクロ
環境の概要についてお話しいただきました。
セミナー終了後は、参加会員からの質問も活発に行われ、
理解を掘り下げました。 

医療福祉研究会セミナー資料

産地研究会が開催されました

12月12日(土) 桐生市広沢公民館において産地研究会が開催されました。
当日は、吉村先生が「経営改善支援事例」を発表されました。
企業の改善支援について多くの実例をわかりやすく説明し
参加者一同熱心に聞き入っていました。
最後に、A4コピー用紙15枚を制限時間内にどれだけ高く積めるかを
小集団活動の実践として2チームに分かれて競いました。

1512sannti2 1512sannti1

産地研究会が開催されました

6月13日(土) 桐生市広沢公民館において産地研究会が開催されました。
当日は村山先生による「階層別教育計画」の発表が行われました。
実際の企業に対して行う従業員教育を①入社5年未満②入社5年~③部長・課長・係長  の3つの階層に分けて行う事例が紹介されました。
発表後、参加者より多くのアドバイスがあり活発な研究会となりました。

また、産地研究会の新入会員である永田さんが紹介されました。

発表する村山先生
201506santi02

 

新入会員の永田さん
201506santi

産地研究会が開催されました

2月14日(土) 桐生市広沢公民館において産地研究会が開催されました。

当日は村山先生による「工場における改善指導事例」などを中心に発表が行われました。自身の経験に基づき、勤務する企業の中国工場において、2S(整理・整頓)・3定(定位・定品・定量)などを具体的に指導した事例などの発表がありました。

発表後、参加者より多くの質問があり、活発な研究会となりました。

150214santi

産地研究会が開催されました

1月10日(土) 桐生市広沢公民館において産地研究会が開催されました。

当日は河田先生による「ホームセンター業界の業態分析・変遷」などを中心に発表が行われました。

自身の経験に基づいた、業界の特徴やHC各社の戦略など興味深い発表が行われました。

発表後、参加者より多くの質問があり、活発な研究会となりました。

201401sannti

食農ビジネス研究会「赤城深山ファーム」現地視察

「6次産業化に挑む赤城深山ファーム」を視察

食農ビジネス研究会では、9月21日(日) 農業生産法人 株式会社 赤城深山ファーム(高井眞佐美代表取締役)への現地視察を実施しました。
当社は、蕎麦の生産加工を行う6次産業化認定事業者であり、蕎麦店、造園業等の異業種での経験を活かした戦略性の高い事業を展開しています。
今回の視察では、高井社長から以下のような貴重なお話をうかがうことができました。

・当社設立の経緯
・ 明確なポリシーと経験に裏打ちされた強みからターゲットを明確化
・ 徹底した栽培プロセス管理による高品質化により他社と差別化
・ 耕作放棄地の解消により地域貢献

また、同席いただいた当社顧問山口憲作氏から、群馬県農業の現状等、貴重なお話をいただきました。
現地視察後には、社長自ら打った蕎麦を参加者全員でいただきました。

syokunou201409_2

左から3番目が高井社長

sisyoku

高井社長が打った蕎麦を試食

 

産地研究会が開催されました

9月20日(土) 桐生市広沢公民館において産地研究会が開催されました。

当日は「財務中期計画の立て方」と題して、中小企業診断士の戸塚先生のセミナーが行われました。

中小企業診断士には、財務計画の立案が不得手な人も少なくないため、

企業の再生支援に多く携わっている戸塚先生から具体的な計画立案のポイントを講演してもらいました。

参加者全員が熱心に耳を傾け、セミナー終了後の質疑応答も活発に行われました。

sannti201409